涙目ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ハバナ旧市街

<<   作成日時 : 2017/05/03 18:23  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハバナの旧市街に行ってきました。
諸事情により3泊しかしなかったのでかなり忙しかったです(T_T)

1. ハバナ?
2. 参考書
3. 旧市街
4. 水の確保
5. 会えたらラッキーな人
6. 治安について

1. ハバナ?
 ハバナはキューバという国の首都で、近代的な新市街と
 半世紀以上昔の街並みを残した旧市街があり、旧市街は街ごと世界遺産になっています。
 今回はその旧市街に泊まりました。

2. 参考書
 ハバナの旧市街に行くにあたり地球の歩き方 キューバ&カリブの島々を参考にしました。
 ハバナ旧市街についての地図や記事は正確で、非常に頼りになります。

3. 旧市街
 2. 参考書に書いてある内容通りですが、付け加えるとすると、
 ハバナは車による大気汚染がひどいです(T_T)
 1950年台頃の車が普通に走っていて、排ガスが何の規制もされずに吐き出されています。
 空港から降り、車で走ると、町全体がガソリン臭いことにする気が付きます。
 それでも、旧市街の世界遺産になっている区域内は、車の往来が少ないせいか
 排ガスの影響は少ないです。
 
 観光名所があり、観光客が多い地域と、実際に住民が住んでいて、
 観光客が少ない地域があり、観光客が少ない地域は、ひっそりとしていて
 雰囲気が違います。安全ではありますが、歓迎ムードは全くないです。

 世界遺産になっている区域は、碁盤の目のように通りが張り巡らされていて、
 十字路ごとに通りの名前が分かるようになってます。
 そのことを知っていて、かつ通りの名前が記載された地図があれば、迷子になることはまずないです。

4. 水の確保
 ハバナは非常に暑いです。街を散策するなら水を携行したほうがいいです。
 といっても水道水は飲めませんので、水を調達する必要があります。
 旧市街では、1.5mlの水が2.5cucで買えますが、その買う場所が最初はなかなか見つかりません。
 
 水はスーパーマーケットや、ピザやジュースの路面店で買えます。
 路面店の場合は、水の空きペットボトルが見本として並んでいるので、それを指さすだけで買えます。
 ただ、時間によっては並んでいるのと、ピザ屋さんに水だけ買うのもばつが悪いので
 できればスーパーマーケットがいいです。
 街中にスーパーマーケットは沢山ありますが、最初は分かりにくいので、ホテルなどで場所を
 聞いておくといいと思います。

 観光客が安全に利用できるスーパーマーケットはエアコンがかかっていて、
 そのため、入り口の扉は閉められています。そして、節電のためなのか、照明をつけていないことがあり、
 ほの暗いため入りにくいです。慣れれば見つかるようになりますが、最初は場所を聞いて勇気を出して
 入るのがいいです。

5. 会えたらラッキーな人
 街を歩いていると頻繁に声をかけられますが、多くがタクシーや偽葉巻の押し売りです。
 その中で、昔日本に住んでいたという人に3人ほど会いました。
 彼ら(彼女ら)は挨拶以外の日本語と、住んでいた日本の地名を知っており、純粋に
 コミュニケーションを楽しむために声をかけてきます。
 素晴らしく親切で見返りを求めません。(しいて言えば笑顔とお礼がほしいかも)
 運よく出会えたなら、探しているもの尋ねる、道を聞く、など甘えない程度に頼りにしていいと思います。

 運よく3人も出会えましたが、1人は東京、2人が大阪に住んでいたと言ってました。
 大阪とキューバで何か交換プログラムでもあるのでしょうか。

6. 治安について
 ハバナ旧市街の世界遺産になっている区域は、街中に警備員(警察か軍人)が沢山いて
 非常に治安がいいです。窃盗などは全く心配しなくていいです。
 いろいろな人が声をかけてきますが、しつこく付きまとわれることもないです。

 ただし、
 旧市街の世界遺産になっている区域とそうでない区域の境目は警備員もいなく、
 注意が必要です。
 その境目に住民用のスーパーマーケットと、観光客も使えるスーパーマーケットが
 近くにありますが、そこの住民用のスーパーマーケットで詐欺にあいました(T_T)

 住民用のスーパーマーケットはエアコンがないので、風通しを良くするため、開放的で
 日光も入るため明るく、入りやすい雰囲気です。それに対して、観光客も使えるスーパーマーケットは
 ほの暗く入口も狭く、入りにくいです。
 当時はコーヒーを探していて、入りやすい住民用のスーパーマーケットに入って、店員にコーヒーがあるか
 聞いたところ、別の人を紹介され、ついていくように言われました。
 ついていくと、観光客も使えるスーパーマーケットに入り、無事にコーヒーを買うことができました。
 
 ここまでならよいのですが、続きがあり、案内してくれた人には赤ちゃんがいて、粉ミルクがほしいので、
 元の住民用のスーパーマーケットで粉ミルクを買ってほしいといわれました。
 それで、住民用のスーパーマーケットで粉ミルクを尋ねると、店員は粉ミルクを案内してくれた人に渡し、
 案内してくれた人はさっさといなくなりました。
 その後、店員は粉ミルク代として、40cuc請求してきました。4〜5千円ぐらいです。
 さすがに高すぎるのと、40cucも持っていなかったので、10cuc紙幣をおいて逃げてきました。

 旧市街のホテルから、世界遺産の区域に入る際には、フロリディータというレストランが目印になりますが、
 そこから、世界遺産の区域に入る分には安全ですが、そのまま世界遺産の区域との境目を移動する際には
 声をかけてくる人、買い物に注意しましょう。
 そして、他の人を紹介した時点で、自分で探すと言って走って逃げましょう。


最後の6が言いたかっただけですが、ハバナは異国の文化を知るためにはいいですが、
骨休めにいくには向いてないです。
ハバナのあとに4泊メキシコのカンクンというリゾート地に滞在しましたが、快適すぎて、
骨抜きになってました。あとがカンクンでよかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハバナ旧市街 涙目ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる