振り返るという動き

がむしゃらに進んでいるときは気になりませんが、少し落ち着いた頃になると
進んできた道を振り返ることが多くなります。
自分を振り返るわけです。

最近になってようやく自分にも振り返る時期が来たようで、
頻繁に過去に行った失敗や、悪行などを思い出し、「あ」と幽かな声を上げることが多いです。
そのほとんどが早朝のピンポンダッシュや、相手を泣かせてしまった一言など、ろくなことを
振り返りません。(T_T)

これがなかなか苦痛です。
当事者が今どこにいるか分からず、謝りたくても何もできない苦しさがあります。
思い出すたびに、自分が生きていくうえで、これほどの取り返しがつかないことを行ってきたのだと思うと、声を上げるどころか、布団に向かって拳固を振り下ろしたり、枕を叩きつけたりせずにはいられません。

こういった思い出は、普段は抑圧されているのでしょうが、たまに激しく躍動して
心のふたから飛び出すように出現します。
心の激しい動きに連動して、身体も無意味に動かしたくなるのは不思議ですね。

「あ」と言って首が動いたり、「そうだ」とひらめいて人差し指を立てたり、
たまらないことを思い出して布団を攻撃したり、心と身体は同時に存在し、
同時に行動するのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック