資格試験

昨日、資格取得のための試験を受けてきました。
知恵よりも知識を問う問題で、詰め込み式の勉強が
効果的な試験です。

暗記中心の詰め込み式では、試験が終わったらほとんど忘れてしまいますし
仕事や実生活で役に立つとは思えないのですが、
持っているのと持っていないのでは、給料に差がつく資格です。

役に立つとは思えないし、暗記はつらいですが、
それだけ無意味なことに打ち込ませる、その服従する姿勢が経営者には
たまらないのでしょうね。

学歴も資格も結局は、社会に対してどれくらい盲目的に服従するかを
競っているように感じます。
高学歴な人は、それだけ盲目的に無意味なことに打ち込める。
資格を持っている人は、それだけ社会に対して服従をする。
人を家畜のように思っている獣には、学歴・資格は絶好の踏み絵でしょう。

合格発表が待ち遠しいですが、手に入るのは賞賛なのか嘲笑なのか・・・。
家畜として生きる資格を得るための試験なのかもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック